協会概要

暦 2000年 4月 1日、多くの課題を抱えながら介護保険制度がスタートしました。介助・介護の必要な高齢者を血縁に頼るのではなく、社会全体でサポートしようという方向への理念の転換です。
この転換によって、介助介護の必要なお年寄りや身体に障害を抱える人たちと地域社会との絆が少しずつ強く、太くなっていく潮流が生まれてきます。
プレジャーサポート協会は、外出支援活動を通して、身体の不自由な人たちが気軽に街へ出て、ショッピングや食事を楽しんだり、自由に旅行やスポーツを楽しめる環境づくりと、ボランティアという特別な意識を抱くことなく、ちょっとした心づかいや困っている人への手助けがあたり前のこととしておこなわれる社会を創り出すことを目指しています。

名称 特定非営利活動法人プレジャーサポート協会
(英記 : Non Profit Organization Pleasure Support Association)
事務局所在地 〒130-0014 東京都墨田区亀沢2丁目21-2 
TEL.03-5637-7280 FAX.03-5637-7281
特定非営利活動法人の種類
  1. 保健、医療又は福祉の増進を図る活動。
  2. 社会教育の推進を図る活動。
特定非営利活動の認証 2000年 8月 4日 (設立 : 同年 4月 13日)
主な活動
  1. お年寄りや身体の不自由な人の外出を支援する「外出介助者」の養成、教育、啓発に関する活動。
  2. 救急隊が到着するまでの「応急救護手当て提供者」の養成、教育、啓発に関する活動。
  3. 身体の不自由な人のアウトドアスポーツ活動のサポートおよびスポーツ指導に関する活動。

特定非営利活動法人としての法人格を取得しています

障害のある人たちや高齢者の外出を支援する社会環境を創り出すことを目指し、人と空間と情報が相乗効果を発揮する「バリアフリーネットワーク」の構築に寄与することを目的とし、2000年 4月 13日に設立され同年 8月 4日に特定非営利活動法人としての認証を受け、現在に至っています。

特定非営利活動促進法 (平成 10年 3月 25日法律第 7号)
特定非営利活動を行う団体に法人格を付与すること等により、ボランティア活動をはじめとする市民が行う自由な社会貢献活動としての特定非営利活動の健全な発展を促進し、公益の増進に寄与することを目的としています。また、この特定非営利活動法における、法人の組織上の形態は「社団」であるとされています。

特定非営利活動法人の内部構成について
この法では、「正会員」を法人の構成メンバーとし、正会員によって構成される「総会」を最高意思決定機関として置き、正会員は、総会の議決権を有します。
また、正会員は、法人財産に対する持分権を、持つことなく法人の目的遂行に協力する以外に個人の経済的利益を追求する権利を持つものではありません。

  • 協会概要
  • 理事長紹介
  • 外出支援者養成講習会
  • 応急救護手当て講習会
  • アウトドアスポーツ活動支援
  • 会報誌
  • 入会のご案内
  • 活動紹介
  • リンク集